iForex徹底解剖



外国通貨を取引するFXと、株式を取引する株式取引の違い

iForexは、海外FX業者としては、比較的早くから日本向けのサービスを展開してきました。そして最近日本市場に参入してきた新しい業者は、始めから日本語サポート体制を整えてくることもあり、iForexの日本語サポートは遅れていると言われてきました。しかし現在は違います。iForexのホームページは、完全に日本語対応で、サポートに関してもチャット、メール、電話でのサポートがすべて日本語に対応しています。


ruee またホームページのコンテンツは、海外FX業者の中でも充実していて、優れていると言えるでしょう。iForexのサポートで残念なことは、無料のデモ口座が用意されていないことです。多くのFX海外業者では、一定期間を一定金額の仮想マネーでデモ取引ができるデモ口座を用意しています。


そしてiForexは、オリジナルのトレーディング・ツールを採用していますので、あらかじめその使い勝手を確認したい人や、FX投資がまったく初めての人は、事前に試してみたいという人も多いかもしれません。その代わりと言ってはなんですが、デモ画面が用意されています。そしてこのデモ画面の情報は、意外と充実しています。実際の取引画面の詳しい解説が、画像つきで掲載されています。細かいメニュー画面の説明までしっかりとされているので、使い方を学ぶなどの見方によっては、デモ口座よりも分かりやすいかもしれません。


その取引システムはダウンロード型のFXnet TraderとWebブラウザ型のFXnet Viewerの2種類が用意されています。FXnet Traderは機能的な取引パネルを備え、迅速で快適なトレードができるほか、保有ポジションや損益の状況、チャート情報など、取引に必要な情報が、1つのスクリーンにまとめられています。またカスタマイズ性も高いため、初心者からベテラントレーダーまで快適に使えるように設計されています。


FXnet ViewerもFX取引に必要な基本的な機能は備えており、外出先などで、自分のパソコンが使えない状況でも、パソコンさえあれば取引が可能です。またiPhoneやiPad、アンドロイドなどのモバイルデバイスに対応したモバイル取引ツールも用意しています。そしてiForexのサービスで特筆すべきは、追証ゼロ、損失限定サービスです。FXの取引を行っていると、予想外の急激な為替変動により、大きな損失を出してしまうことがありました。米国発のサブプライム危機やリーマン・ショックは、記憶に新しいところです。特に週末を挟んで、レートの急激な変動が起こると、ロスカット時の損失が数十万円となってしまうこともありました。


しかしiForexは週末であっても、損失が証拠金を上回った時点で、速やかに決済措置が取られます。それによって、仮に週末を挟んだ急激なレート変動があっても、証拠金以上の損失は絶対に発生しません。そして仮に、口座がマイナスになっても、追証は発生しないシステムになっているので、最悪でも損失はゼロになるだけで、マイナスになることはありません。これは個人投資家にとって、とても嬉しいサービスと言えるでしょう。

個人的な意見

 FXの金融取引では、デイトレードは私はあまりおすすめできないです。デイトレードで勝つには、薄利になる為スプレッド(手数料)を毎回支払わなければなりません。銀行のATMから頻繁にお金を下ろすようなもので、確実にコストがかかります。


銀行のATMから下ろす場合、手数料がかかるなら、取引回数を減らした方が良いですよね?それと同じです。それにデイトレードでは、ハイレバになりやすく、国内口座でも25倍以上の取引ができてしまい、資金が減るスピードも早いので、私は長期のトレードをおすすめします。ドル円などを買いでもつと、多少利息ももらえます。

カテゴリー