iForex徹底解剖



外国通貨を取引するFXと、株式を取引する株式取引の違い

近年は、日本国内と海外を含めて、FX業者が多くなりました。そのことで業者間の競争が激しさを増し、サービス合戦の様相を呈しているとも言えます。現在そのサービス合戦は、取引コストを下げることに向けられており、もはや取引手数料が無料なのは当たり前で、低スプレッド合戦といっても過言ではない状態です。そして低スプレッドを全面に押し出している業者も多く存在します。スプレッドとは、商品の売値と買値の差額のことで、その差額が業者の利益、つまり手数料となります。


turu そして投資家にとっては、投資コストになりますので、低スプレッドであればあるほど、取引にかかるコストを減らすことができるようになります。そしてiForexのスプレッドは、海外業者としては一般的なレベルと言って良いでしょう。しかし低スプレッドを売りにしている業者が多く存在する現在では、並べてみると、スプレッドが広いと感じる人もいるかもしれません。したがって、スキャルピング狙いなどの、とにかくスプレッドの狭さだけを求める人ならば、iForexは良い選択とは言えません。低スプレッドを売りにしている他の業者を選びましょう。しかし一般的には、FXで利益をあげることができるのかは、スプレッドだけが要因ではありません。


確かにスプレッドが狭くで、すべての取引環境が優れていて、安定している業者があれば、その業者が一番良いということになりますが、実際にはそんな業者は存在しないと言っても良いでしょう。特に実際のFX取引で重要になるのは、約定力の強さやスリッページが発生しないことの方が重要とも言えます。いくらスプレッドが狭くても、自分が狙ったタイミングとずれて約定されたり、あるいは約定自体が拒否されてしまっては、確実に利益をあげていくことはできません。


またスプレッドが狭いと宣伝していても、相場に応じて、すぐにスプレッドが広くなってしまうようでは、どうしようもありません。その点iForexは、スプレッドが安定していると言ってよいでしょう。経済指標が発表されて、市場が活発になりすぎたときに、スプレッドが拡大してしまうようなこともありません。


約定の操作がハイローオーストラリアのようにワンクリックでできるので、スリップがほとんどないこともあります。スプレッドだけに注目しすぎるのではなく、自分の投資スタイルを考えながら、いろいろなメリットとデメリットを検討すれば良いでしょう。最大レバレッジや無料の手数料、入出金の手軽さ、日本語サポート、商品の品ぞろえ、追証ゼロサービスなど、システムや環境の安定性など、スプレッド以外にも検討したいことは、たくさんあるでしょう。

個人的な意見

 FXの金融取引では、デイトレードは私はあまりおすすめできないです。デイトレードで勝つには、薄利になる為スプレッド(手数料)を毎回支払わなければなりません。銀行のATMから頻繁にお金を下ろすようなもので、確実にコストがかかります。


銀行のATMから下ろす場合、手数料がかかるなら、取引回数を減らした方が良いですよね?それと同じです。それにデイトレードでは、ハイレバになりやすく、国内口座でも25倍以上の取引ができてしまい、資金が減るスピードも早いので、私は長期のトレードをおすすめします。ドル円などを買いでもつと、多少利息ももらえます。

カテゴリー