iForex徹底解剖



外国通貨を取引するFXと、株式を取引する株式取引の違い

iForexの使いやすさの1つに「クレジットカードでの入金」があります。クレジットカードを使えば、簡単に入金ができるのです。しかしクレジットカードで入金と聞いて心配になるのは、言わば現金を動かすことになるので、いわゆるキャッシング枠での入金になるのではないかということでしょう。キャッシングだと、日割りの利息がかかることもあり、それだと余分なコストがかかってしまいます。しかしその心配はいりません。iForexへのクレジットカードでの入金は、ショッピング枠を利用して行われるからです。しかも、ここ、最近ではバイナリーもはじめていて、逆指値.com


twer つまり翌月1回払いであれば、利息や手数料がかかることもありません。クレジットカードをリボ払いに設定してある場合は、当然リボ払いになりますので、規定の手数料がかかることになります。ショッピング枠はキャッシング枠に比較して、一般的に利用限度額も多く設定されているので、その面でも使いやすいと言えるでしょう。クレジットカードで入金を行った場合は、出金も基本的にクレジットカードへ返金される形となります。つまり普通のクレジットカードを使ったショッピングで言えば、一度買った商品を返品した時と同じ扱いになります。ここで気を付けたいのは、入金と出金の日の間隔です。クレジットカードには、締め日が存在します。


もし同じ締め日までの間の入出金であれば、それは結果敵に相殺されて、銀行の引き落とし口座からは、引き落とされないことになります。しかし入出金が締め日をまたいでしまったら、一度引落口座から引き落とされ、翌月、あるいはそれ以降に口座への返金がされることになります。通常、出金の手続きには、数日かかることがあるので、締め日ギリギリの出金の際は、手続きが間に合わないこともありますので注意が必要です。iForex側の手続きは3営業日程度で行われるようになっています。


【クレジットカードへの返金が反映されるまでにかかる日数の目安】
最短翌日→CITI BANKカード、JNB-VISAカード


3日以内程度→三菱東京UFJカード、新生銀行カード、アメックスカード


4日程度→りそなVISAデビットカード


7日程度→CITI VISAカード、 楽天VISAデビットカード、スルガVISA(1週間以上かかることもある)


30日程度→新生銀行VISAカード、楽天VISAカード、イオンVISAカード、セゾンMasterカード、楽天 Masterカード


90日以上→JACCS-VISAカード

iForexの入出金に使えるクレジットカードは、VISA、マスター、ダイナース、アメリカンエキスプレスの4種類です。


JCBカードに対応していないのは、海外業者なのでしょうがありません。24Optionでも対応していない実態ですので。またクレジットカードへの返金は、そのクレジットカードで入金した額が最高額となります。それ以上の金額の出金については、銀行口座への振込みになります。


個人的な意見

 FXの金融取引では、デイトレードは私はあまりおすすめできないです。デイトレードで勝つには、薄利になる為スプレッド(手数料)を毎回支払わなければなりません。銀行のATMから頻繁にお金を下ろすようなもので、確実にコストがかかります。


銀行のATMから下ろす場合、手数料がかかるなら、取引回数を減らした方が良いですよね?それと同じです。それにデイトレードでは、ハイレバになりやすく、国内口座でも25倍以上の取引ができてしまい、資金が減るスピードも早いので、私は長期のトレードをおすすめします。ドル円などを買いでもつと、多少利息ももらえます。

カテゴリー