iForex徹底解剖



外国通貨を取引するFXと、株式を取引する株式取引の違い

外国通貨を取引するFXやバイナリーオプションと、株式を取引する株式取引、この2つには大きな違いがあります。それは、取引時間です。東京の証券取引所では、10時から15時までしか取引をすることができません。このスケジュールというのは、非常に面倒なものです。というのも、会社員はこの時間帯に仕事をしているからです。仮に、東京証券取引所に上場している株を持っているとしましょう。


lore取引時間中に何がよくないニュースが起こったとすると、株式というのは一気に値が下がります。しかし、仕事中ですと当然株式の取引をすることはできません。結果逃げ遅れる結果となってしまい、大きな赤字を生み出すことになるのです。逆に、営業時間中にグッドニュースが舞い込んできた場合、その株は急激に値を上げます。ぜひとも事前に株を買い足して儲けたいところですが、会社員ですとそうも行きません。


その結果、せっかくの儲けるチャンスをみすみす逃すことになってしまうのです。株式は持っていても、取引はできず、相場のなすがままという人は多いものです。それならば、仕事が終わってからニューヨークの証券取引所でその株を売ればいいのではと思いますが、そうも行きません。東京の証券取引所に上場している株を、ニューヨークの証券取引所で取引することはできないのです。


一方、FXであればそのような心配はありません。FXというのは、24時間リアルタイムで取引をすることができます。ですので、会社員の方が仕事を終えてから取引しようと思っても、十分にできるのです。FXの場合、株式と異なり、特定の市場専用の商品というわけではありません。株式の場合、東京の商品をニューヨークでどうにかすることはできません。東京の商品は東京で何とかしないといけないのです。しかし、FXであれば、通貨を取引するものですので、市場ごとの色分けというのがありません。


仮に東京での取引が終わっていたとしても、世界のどこかで通貨の取引は行われています。そこで売り買いをすればいいのです。このように、24時間リアルタイムで取引ができるのがFXのメリットであるのですが、それが逆に注意点でもあります。株式取引の場合、17時に何かニュースが舞い込んだとしても、それが株に影響を与えるのは翌営業日の10時からとなります。一方FXの場合、世界のどこかでマーケットはオープンしておりますので、何かニュースが入ってきた場合には、リアルタイムで反映されます。つまり、24時間なかなか気を抜けないのです。

明確にいうと、ここでいう「投資法人」という組織は、その名前の通り、法律上の法人としての地位権限がある組織であり、自らの投資財産を元に、自らと相手方取引当事者によるその投資目的の達成をしていくための社団などの事を指します。


そして、その組織自体の法的権限範囲や責任者の地位などは、会社法上にある株式会社の規定を投資信託法により準用をされるような保護様式になっています。

また、商法上の商人の行為としての効力が法律上ありますが、それとともにその商号なども、商人が公示をしているものと同じになるとされていますので、そうした事からも単なる個人投資家の人々などが行うような一私人的な投資行為とかではなくて、投資事業においての全ての業務行為が事業者としての商行為になりますので、金融商品取引法などの適用がなされる事になります。

つまり、その自らの行為が株式会社などが行う会社法人と同じ効力を持つとともに、SVPとしての特定投資団体組織としての、特定の投資分野という一部の産業分野での事業を扱うという投信法・金融商品取引法その他の関連法などの適用を受けながら、自らの組織運営と取引相手である投資家の人々の目的達成を完了していくという、2つの最終目的がある事がいえます。

こうした点が、法律上の最終目的においての、投資法人が株式会社とは大きく異なる点といえます。

また、投資法人の特徴といえるところといえば、それぞれの扱う専門的な投資の分野といったものをメインにして、さらにそれぞれに関連する法令の範囲での事業展開を行いながら、自らと相手方当事者の両者の利益を考慮しながら、目的達成のための事業運営をしているような点が挙げられます。

投資のための専門分野などはそれぞれ各々異なって来たりはしますが、それでもようく見てみると全ての法人の最終目標は大体同じであるといえますので、それ程難しい理解の必要とかは無いのかもしれません。

それでも事業内容の方針は運営主体のあり方や自らの事業形態の在り方などは各々異なってくるところがありますので、それぞれの個々の組織単位で、事業の展開のやり方といったものを考えていくような配慮が必要である事はいうまでもありません。

投資法人は以上の今まで述べてきた内容からしても、はっきりというならば、投資という事業の専門性を通じながら社会的活動を行いつつ、自らの最終目的を果たしていくための組織法人であるといえるかもしれません。

個人的な意見

 FXの金融取引では、デイトレードは私はあまりおすすめできないです。デイトレードで勝つには、薄利になる為スプレッド(手数料)を毎回支払わなければなりません。銀行のATMから頻繁にお金を下ろすようなもので、確実にコストがかかります。


銀行のATMから下ろす場合、手数料がかかるなら、取引回数を減らした方が良いですよね?それと同じです。それにデイトレードでは、ハイレバになりやすく、国内口座でも25倍以上の取引ができてしまい、資金が減るスピードも早いので、私は長期のトレードをおすすめします。ドル円などを買いでもつと、多少利息ももらえます。

カテゴリー